2007年10月26日

キシリトールてなに

キシリトールは白樺やカシ トウモロコシの芯を
加工してつくられるようです。

イチゴやレタス ホウレンソウ カリフラワー
などにも含まれています

キシリトールから合成される糖アルコールの一種
ショ糖と同程度の甘みをもっていますが
カローリーは4分1ほど低いです。

カロリー4分の1です 女性が喜びそうな
数字ですね。

溶けるときに熱を吸収する働き吸熱反応があるため
独特の清涼感 口の中でひんやるする感触があり
飴やガムなどに清涼剤として使われています。

そういえばいつごろからかひんやりする飴なんかが
スーパーなどに行くと売っていますね。

キシリトールの特長として加熱による甘みの
変化がなくしかも砂糖の3倍のあまさなので
煮込み料理やお菓子に適しているようです。

【関連する記事】
posted by キシリトール at 00:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。