2007年10月26日

キシリトールてなに

キシリトールは白樺やカシ トウモロコシの芯を
加工してつくられるようです。

イチゴやレタス ホウレンソウ カリフラワー
などにも含まれています

キシリトールから合成される糖アルコールの一種
ショ糖と同程度の甘みをもっていますが
カローリーは4分1ほど低いです。

カロリー4分の1です 女性が喜びそうな
数字ですね。

溶けるときに熱を吸収する働き吸熱反応があるため
独特の清涼感 口の中でひんやるする感触があり
飴やガムなどに清涼剤として使われています。

そういえばいつごろからかひんやりする飴なんかが
スーパーなどに行くと売っていますね。

キシリトールの特長として加熱による甘みの
変化がなくしかも砂糖の3倍のあまさなので
煮込み料理やお菓子に適しているようです。

ラベル:キシリトール
【関連する記事】
posted by キシリトール at 00:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キシリトールと虫歯

キシリトールは虫歯を起こさないものとして
捉えられていますが キシリトールだけが
虫歯をおこさないわけではないようです。

他にはソルビト−ルやマルチトールやエリスリトールなど
キシリトール同様に虫歯をおこさないようです。

テレビのコマーシャルを見ているとキシリトール入りの
お菓子は虫歯にならないような ニュアンスのものが
見受けられるますが

本当にそうなんでしょうか?

実はお菓子の成分で虫歯の原因になるかどうかを
確かめることは 非常に難しいことらしいです。


キシリトールは 虫歯を起こさない甘味料で
あることに間違いありませんがキシリトールの
専売特許ではないらしいです。

また虫歯にならない食べ物としては
全体を把握する必要があるようです。


posted by キシリトール at 00:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dummy dummy dummy

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。